システム開発からの転職はできますか?

前職のシステム開発から施工管理への転職は十分に可能だと考えられます。

現代のIT化を軸にしたソリューションシステムの重要性などを検証しておきましょう。

☆すすむIT化を軸にした管理システム。

前職がシステム開発ということですが、どのような分野に携わっていたかは別にして、システム開発の全体から内容を想像すると、まず施工管理のスケジュール管理を統合管理するシステムに役立てられると思います。

たとえば現代のビルはIT化がすすんでいますから、電気系統のシステムを軸にビル内のすべてのシステムが稼働するようになっています。

管理システムをどう組み立てるかが重要な課題となっています。

☆効率化に寄与するシステム管理開発。

施工管理は、現場のスケジュール次第で効率化に大きな差が出ます。

前述の電気系統を機軸にしてスケジュールを立てれば、工事の進捗も円滑にいって、省コストでの建設に結びつけることも可能です。

また作業の全行程を現場のスタッフと共有することで、現場で起こりがちなスケジュールの取り違えなど、種々のトラブル回避にも役立ちます。

施工管理は、現場の数だけ課題があると言われるくらいですから、その場で個々のソリューションに直結した工程表に作り替える技能と柔軟性が大事です。

転職先の施工管理でそのようなことに対応できれば、十分に通用します。

最近では施工システムと3Dモデルを統合した独自のシステムを開発し導入している会社もあります。

そのシステム内容とは?:http://news.mynavi.jp/news/2015/07/22/422/

☆前職がシステム開発の仕事で、それが転職先に活用できるかは本人次第です。

技能はもっているわけですから思い切ってトライしましょう。

過去に工事現場で使用するようなスケジュール管理システムを構築した経験があればまず問題ありません。

そこまでの経験がないにしても、戦力にはなると判断されるはずです。

転職先のサポートがあれば、半年程度で現実レベルの管理システムを構築できるようになります。