施工管理の転職でもっとも有利な武器は何ですか?

施工管理の転職でもっとも有利な武器は資格を持っていることと、現場経験があることです。

具体的にお話ししてみます。

☆電気技師の資格をもっているのは大きな武器。

他の業界からの転職といっても、電気店経営や電気技師の仕事をしていたということは、施工管理に関連した有資格者です。

施工管理の応募に有利となるのは、一級電気工事施工管理技士の資格の他、一級建築施工管理技士や一級管工事施工管理技士の資格を持っていることです。

たとえば電気技士の資格があれば、工事現場の電気系統についての仕事を任せられます。

施工管理者として現場に立つのは初めても、アシスタントとして数年のキャリアを積めば、責任者になれる可能性があります。

☆1つでも関連した資格をもっているなら有利。

いま、建築土木の業界は圧倒的な人手不足に悩まされています。

本来であればゼネコンやその下請け会社から施工管理者を派遣するのが通例ですが、それだけでは到底賄いきれない状態になっています。

そこで施工管理の転職希望者を広く求めざるを得ないようになったというわけです。

相談者のように1つでも施工管理に関連した資格をもっているなら武器になります。

それ以外の有効な武器としてはキャリアです。

同じ業界の他社からの転職者です。

☆施工管理の転職でもっとも有利な武器は資格をもっていること。

あとはキャリアです。

人手不足の業界ですから、他の業界からの転職でも何とかなります。

どんな業界から転職しても、転職には不安がつきまとうものです。

しかし電気店を経営していたり、電気技師の仕事をしていたりというキャリアは、施工管理の現場で十分に役立てられます。

無縁な世界ではないし経験を生かせる転職になります。

現場での苦労はあるでしょうがやり甲斐はあります。