施工管理の転職求人にある「経験者歓迎」とは?

施工管理の転職求人にある「経験者歓迎」というのは、言ってしまえば当たり前のことです。

施工管理者の実際について、まず知っていただくことが大事です。

☆転職情報をどこまで読み取れるか。

厳しい言い方をするようですが、求人情報や転職情報に掲載されているのは単なる活字であって、そこにあるデメリットやメリット、あるいは厳しさといったものは、ハッキリと表現されていません。

メリットは読み取れても、その他の部分は読み取れない人がほとんどでしょう。

しかし実際に施工管理者として現場の第一線に立つには、一級建築施工管理技士や一級管工事施工管理技士、一級電気工事施工管理技士などの資格が必須であり、現場の職人さんと同等に渡り合えるだけの知識、キャリアが必要になります。

転職して簡単になれる職業ではありません。

☆「経験者歓迎」に秘された本当の意味。

実際に施工管理者として現場に立てたとしても、現場で職人さんと対等にコミュニケーションが取れ、管理者としてある意味での上から目線で指示ができるようになるまで、相当の苦労が必要だと思います。

施工管理の転職求人にある「経験者歓迎」という意味は、ここまでご説明したことのすべてを含みます。

経験者歓迎というよりも、経験者でないと務まらないし、未経験の転職者であれば、相応の覚悟をして臨んで欲しいという意味です。

☆施工管理者の世界は、資格社会であり経験の社会です。

同じ現場でも、現場の数だけアクシデントがあり、機転の利いた指示が必要です。

他業界からの施工管理への転職は、歯が立たないと言っても良いほどむずかしい世界です。

まず資格を取得しましょう。

そして覚悟をもって現場アシスタントとしての経験を積みましょう。

資格があれば最初の一歩は切り開くことができます。